完成までの流れ

弊社の行う冷間仕上転造加工は、さまざまな加工の問題を解決できます。

加工についての詳しい情報は
こちらをご覧ください。

冷間仕上転造加工」について

加工に関するご相談・お問い合せお気軽にご連絡ください。

お問い合せはこちら

  • 冷間仕上転造加工について
  • 完成までの流れ
  • 北之間社長ブログ
  • 大阪府立産業技術総合研究所
TOP >> 完成までの流れ

冷間仕上転造加工のお問い合せから納品までの流れをご説明いたします。

1.お問い合せ

切削加工による材料歩留まりの改善や、薄肉リング加工での歪みでお困りの方、焼結合金の強度問題やアンダーカットの問題でお困りの方。また、リング形状量産加工品のコストダウンをお考えの方などなど、お気軽にお問い合わせください。

メール、お電話によるお問い合わせは無料です。

お問い合せはこちら>>

2.概算見積もりの提示

材質、ロット数、月需、加工難解度によりおおよそのお見積もりをお出し致します。図面があれば助かります。

3.試作の製作

試作品をお作りすることができます。下記内容をご覧ください。

  1. その材料が冷間転造可能かどうかを調べるテスト
    材料調達費は別としてテスト費がかかります。既存の治具を使用する為安価な試作ですみます。

  2. 冷間転造できる材質と既にわかっており形状がでるかどうかのテスト
    材料調達費は別として治具代に20万円+テスト費がかかります。

  3. 冷間転造でお客様の求める形状が確認され量産試作に向けてお客様の求める寸法及び真円度を求めてのテスト
    治具代に約70万円(2の20万円を含めて)+材料調達費+テスト費かかります。

※駆動治具である成形ロールの回転数・圧・スピードを最適に組み合わせる事が素材のスムーズな延びを決定する絶対条件となります。

今まで培ってきたノウハウの実績だけでは条件出しは困難で素材の材質・形状・転造率などにより一つ一つクリアしていく事が重要で技術とノウハウが求められるところです。

4.製作・生産

試作品を確認いただきましてから、御社の生産計画に合わせまして最適に量産品が納入できるように最善の取り組みを行います。

5.検査・納品

お客様にご教示された納期までに納品させて頂きます

●弊社では入金、出金ともすべて現金決済(銀行振込)で対応致しておりますのでご了解お願い申しあげます。